Archives

2017年11月23日(Thu) 15時10分

リスク&リターン

手軽に出来て、かなり身近な存在となった「プチ整形」ですが、リスクが低い「プチ整形」ではリターンにも限界があります。

例えば、しわを消したり、鼻を高くしたりする際に使用される、ボトックス注射・ヒアルロン酸注射ですが、その効果は永遠ではありませんし、どこへでも適応できるものでもありません。

ボトックスの場合、筋肉の動きを抑える注射なので、特にしわの場合だと3ヶ月から動きが出始めてくるので、効果を持続させるためには、継続的な治療が必要になってきます。

ヒアルロン酸の種類にもよりますが、高さや形状を維持するのには2~3年程度なのですが、完全に吸収されずに残っているヒアルロン酸が周りに広がり、境界がぼやけてきます。

境界がぼやけると、凹んできた?足りなくなった?と感じてしまい、注入をし続ける人が多いです。

しかし、注入したヒアルロン酸の容積分だけ、顔の容積も増え、注射を繰り返せば、目の下がむくんだように見えたり、鼻筋が太くはれぼったくなったり、顔も大きくなってしまいます。

部位や状態によって異なりますが、2~3年に一度はメンテナンス(溶かす等)が必要であったり、場合によっては手術をする必要があります。

そのため最近では、「プチ整形」を繰り返していた患者さんが、それだけでは改善できない、またはそれ以上の効果を得るために、手術を受けるケースが増えています。

もちろん、手術には、不安や金銭的な負担などリスクもありますが、その分、大きなリターンを期待出来ます。

「ハイリスク&ハイリターン」、「ローリスク&ローリターン」というリスクとリターンの関係は、美容外科治療を受ける際に、覚えておいてほしいのです。

希望通りの顔を手に入れることばかりに気をとられ、治療後の炎症や傷痕、大切なアフターケアなどへの関心を示さない患者さんもいます。

そういう方に限って「こんなはすじゃなかった」と、嫌な思いをするのです。

かといって、ローリスクの治療法だけを繰り返していても、時間と費用だけがかさむだけで、望んでいる効果はなかなか得ることができません。

費用と期待できる効果は、決して比例関係にはありません。

タカナシクリニック
http://www.takanashi-clinic.com/

東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿2階
タカナシクリニックは新宿南口、新宿新南口より徒歩5分高島屋すぐそば。

予約 03-5366-8920
平日 11:00~20:00
土曜 13:00~19:00